読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きやすくなる知恵を提供します

ぼちぼち上手く生きていきましょう

食後の眠気に負けてパフォーマンスを落とす愚行

食後の眠気に負けてパフォーマンスを落とすのは愚か者の証である。

美味しい食事の後は多幸感に包まれる、その弊害か、なんだか眠くなってしまう。

そして眠くて作業がはかどらない。大事な会議で大あくびをする。

これは知識に基づく行動があれば、防げる。

 

 

こんな愚行を続けるか、食後も有意義に時間を過ごすか選べ。

後者を選ぶあなたに是非読んでいただきたい。

 

 

 

食後の眠気によるパフォーマンスの低下をふせぐ三つの方法を紹介する。

 

 

 

1,眠気を呼ばない食べ方

 

これはシンプルだ。胃に入れる順番を意識する。

野菜から食べよう。次に肉や魚。最後に米、パン、パスタなど。

 

 

眠気は急激な血糖値の上昇によってもたらされる。

糖を空腹の胃に最初に入れると、よく吸収する。それをふせぐのだ。

驚くほど簡単だが、驚くほど効果が出る。

 

 

ぜひ試して欲しい。

 

 

 

「こんなにバランスいい食事してねえよ!」という方

安心してください。

食事は投資という意識の薄い方向けにも二つの方法があります。

 

 

まず一つ目がこれ。

 

2,食事を複数回に分ける

  

どうしても米、パスタやパンなどの炭水化物(つまりは糖分)中心になっているあなた向け

 

 

食事を複数回に分けろ。一度に胃に入る淡水化物の量を減らすことで、血糖値のあがりはばを抑えることができる。これにより

 

 

一度の食事で大量の炭水化物を胃に入れると、当然急激に血糖値が上がり眠くなってしまう。しかも腹が減りやすくなる。

 

血糖値が急激に上昇すると、インスリンが分泌される

糖を筋肉・脂肪・肝臓に取り込み血糖値を下げようと働く

血糖値は下がり、身体は血糖値を上げさせようと空腹感を感じさせる。

 

甘いもの食べたあい。腹減った!と食後にいう人たちの体の中で起こっている現象だ。

 

 

 

二つ目がこれ

3,血糖値を自力で下げる

 

大量の淡水化物という糖を摂取した体は血糖値が上昇する。

つまり血の中にエネルギーがたくさんある状態だ。

 

 

このエネルギーを使ってあげるのだ。

使わねければ筋肉・脂肪・肝臓に取り込まれ血糖値が下がり、また空腹感を感じてしまう。その前に血糖値をある程度下げてしまうのだ。 

 

そうすれば食後に眠くなることも、また空腹感を感じることもなく集中力を維持できる。

 

そのためには体を動かすことだ必要だ。

オススメはスクワットだ。自分が立てるだけの空間があればできて、最もエネルギー消費の大きい効率的な運動だからだ。

 

「人がいるのにスクワットなんてできねえだろ!」というあなたは

食後に階段を一段飛ばして登ってください

 

体の中で最も大きい太ももを使うことで、最も効率的に血糖値を管理できる。

 

 

 

紹介した三つの方法を使い、有意義な食後の時間を使って欲しい。

 

有効な対処法が存在するのに実行せずに愚かものであり続けるか、

眠気を管理して食後の眠気を感じるやつに差をつけるか

 

 

 

僕は後者を選ぶ。 あなたはどうする?

 

 

 

 

 

おしまい。