読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きやすくなる知恵を提供します

ぼちぼち上手く生きていきましょう

自信がない? 自信のお話をしよう

僕は自分に自信がなかった。(この記事を書いている今はそうでもなくなったよ!)

 

何をするのにも「自信がない」からという理由で断っていた。

 

気がつくと人の視線がある外に行くのも辛くなっていた。

1日に何度も鏡の前に立ち、服をあれでもない。これでもないと何度も着替え。

そして約束の時間や、学校にも遅刻してしまう。

 

うまくできない自分が嫌いになる。

もっと自信がなくなっていく。

 

 

僕の自信のなさは、日常生活にも支障をきたすほどになっていた。

 

 

どうしたものか?

 

 

f:id:dofact:20170216115903p:plain

 

そもそも自信ってなんだ?

 

じしん
【自信】
自分の価値・能力を信ずること。自己を信頼する心。

 

なるほど。価値・能力を信じること。その心。 

 

 

 

... 僕には信頼できる自分の価値。能力。それがないから困っている。

 

 

なら信頼できる自分の価値や能力を作ればいいのではないだろうか?

そしたら自信ができる!

 

 

でも、この信頼できる自分の価値や能力とやらいかにも大変そうだ。

 

英語ペラペラ? ITスキル? テスト満点? 成績アップ? スポーツの試合で勝つ?

可愛い彼女・彼氏ができる?

 

 

確かに自信がつきそうだ。

 

でもどれも難しすぎる、すぐには無理そう。

 

困った。

 

 

 

 

 

 

じゃあ簡単に自信は作れないのか?

 

 

確かに難しいことやスゴイことが出来たら、それだけ大きな自信がつくだろう。

でもそれは、

簡単なことや小さなことでも出来たら、それだけ小さな自信が作れるってことだ。

 

 

 

つまり自信をつけるには、何も大変なスゴイことをする必要がないってこと。

 

小さなことでいい。というか難しいことは急には出来ない。

小さなことをする。それで小さな自信ができる。

 

 

 

それを繰り返していくと、次第に大きな難しいこともできるようになる。

 

 

 

 

 

まずは小さなこと。とても小さなことでいい。

そしたら、小さな自信が作れる。

 

 

 

 

 

 

僕がはじめた小さな自信をつける方法。

 

おはようと挨拶をしてみる。

お布団を綺麗に畳む。朝起きたら歯を磨く。

毎日クイックルワイパーで部屋を掃除をする。

 

とても簡単だと思うかもしれない。難しいと思うかもしれない。

 

 

 

 

続ければ確実に君の自信になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

自信は作るものだ。簡単なことからはじめて自信を作ろう。