読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きやすくなる知恵を提供します

ぼちぼち上手く生きていきましょう

人の感情は刺激に対する反応でしかない

おはよう

 

今日は感情についてお話しをしよう 

 

感情 喜怒哀楽ってやつだ 嬉しい 楽しい 悲しい 虚しい 寂しい 苦しい 辛い

いろいろある 

 

この感情ってなんだろうか?

 

 

例えば、大好きなお菓子を食べたとする。

すると、美味しくて嬉しい気持ちになるよね。

f:id:dofact:20170214114629p:plain

 ちなみに、僕はチョコが大好きだ。

 

 

 

食べると、チョコが美味しい!って思う。

それに、大好きなチョコを食べる時には「前に食べて美味しかった記憶」があるから

食べる前にもワクワク期待している

 

 

もうわかるよね? 僕たちの感情は、チョコという甘い外からの刺激に反応して生まれるってこと。

そして、もう一度食べようとするとワクワク期待するってことは、チョコが美味しいと思う感情は記憶されている。そして僕はチョコが好きって性格みたいなものを作っている。

 

 

外の刺激に対する反応が感情

その反応(=感情)は蓄積されて性格みたいなものを作る

 

これは当たり前のようで、ついつい忘れちゃうこともある。

でもとても大事なことなので。いつも忘れないでほしい。

 

 

 

僕たちの感情は外に対する反応。そしてその反応の蓄積が性格みたいなものを作っている。

 

 

 

それ以上でもそれ以下でもない。シンプルだ。